洋画一覧

「超実写版・ライオン・キング」の感想と評価 結論「普通!!」

© 2019 Disney
アンドゥ
アンドゥ
どうもアンドゥです

本作は1994年に公開されたディズニーのアニメ映画「ライオン・キング」をフルCG化したリメイク作品。それでは「ライオン・キング」紹介していきます!

あらすじ

動物たちの国、プライド・ランドの王様であるライオンのムファサとサラビの間に次期王となる息子シンバが誕生した。一方、王様ムファサの弟であるスカーは、それを良く思っていなかった。スカーは自分が次期王となるべく、ハイエナ達と手を組みムファサとシンバ暗殺計画を企てていた。計画は実行され王様ムファサは殺され、シンバは国を追放されてしまったのだった。ディズニーが送る「命の輪」描いたミュージカルファンタジー作品。

感想

ストーリーは子供頃にプライド・ランド王国を追放されてしまったシンバが外の世界で仲間と出会い、悪者スカーに立ち向かっていくという感じです。

原作アニメ映画が凄く面白かったので期待してました!!

最初に映像を見た時、CG技術凄過ぎ!!って思いました(笑)。

本物みたいです。

本物みたい過ぎで、ライオンやハイエナが複数いる時

アンドゥ
アンドゥ
誰が誰だか区別つかない・・・

ってなりました(笑)。

ハイエナトリオも区別つきませんでした(笑)。

アニメ版を見た事が無い人には面白く感じるかもですが、アニメ版を知ってる人にはアニメ版の方が遥かに面白いです!!

評価

アンドゥ
アンドゥ
星3.5にしました

CGが物凄いので是非ご覧ください!!

最後に

やっぱりディズニー映画は名曲が流れるだけで面白く感じますよね♪

「ハクナ・マタタ」が流れるだけで面白く感じました(笑)

また、「ライオン・キング」を初めて観たという人は、是非アニメ版も観てみてください!!

アンドゥ
パチンコ屋社員の傍ら、趣味である映画を紹介するこのブログをしている29歳です。アンドゥの紹介する映画は面白いと言って頂けるよう頑張っていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。