邦画一覧

「カイジ2 人生奪回ゲーム」の感想と評価 結論「面白い!!」

©福本伸行・講談社/2011「カイジ2」製作委員会
アンドゥ
アンドゥ
どうもアンドゥです

本作は原作「福本伸行」による漫画「カイジ」を主演「藤原竜也」にて実写映画化した2作品目です。それでは「カイジ2 人生奪回ゲーム」紹介していきます!

あらすじ

前作の最後に、帝愛のナンバー2「利根川」とのギャンブル「Eカード」で勝利したカイジ。しかし、カイジは再び借金をして地下労働施設にいた。地下労働施設で行われるギャンブル「チンチロ」にて班長達のイカサマを暴いたカイジは、2週間地上に出る事を許された。地下の仲間達を救うべく、カイジは2週間で2億円を稼ごうと情報を集め、帝愛グループの裏カジノへ行き着いた。そこで出会ったのが1玉4千円の怪物パチンコ「沼」であった。主演「藤原竜也」で送る、頭脳戦ギャンブル作品。

感想

ストーリーはカイジが2週間で2億円を稼ぐ為、帝愛の裏カジノの怪物パチンコ「沼」へ挑戦・攻略するという感じです。

実写版の「沼」のクオリティが凄く驚きました!!。

ストーリーも、カイジ一人で「沼」を攻略するのではなく、前作敵であった「利根川」や「沼」攻略に人生を賭けてる「坂崎」らと協力していく様が面白かったです!!

原作とは違い、「利根川」が仲間になる所が興奮しました(笑)

アンドゥ
アンドゥ
味方だと頼りになるなぁ

裏カジノの支配人「一条」役の「伊勢谷友介」の演技もカッコよかったです♪

原作を読んだ事がある人も面白く観れる作品でした!!

評価

アンドゥ
アンドゥ
星4しました

主演「藤原竜也」のカイジっぷりが増しております(笑)
是非、ご覧ください!!

最後に

現実のパチンコでも「沼」が出ましたが、余りの辛さに流行らなかったです(笑)

アンドゥ
アンドゥ
現実でも辛くするなんて・・・

この映画で使用された「沼」が、現実のパチンコ屋にあれば、パチンコ業界も賑わうかもしれないな(笑)

アン
アン
誰が打つの??
アンドゥ
パチンコ屋社員の傍ら、趣味である映画を紹介するこのブログをしている29歳です。アンドゥの紹介する映画は面白いと言って頂けるよう頑張っていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。