洋画一覧

「美女と野獣・2017実写版」の感想と評価 結論「面白い!!」

© 2019 Disney
アンドゥ
アンドゥ
どうもアンドゥです

本作は1991年に公開されたディズニーのアニメ映画「美女と野獣」の実写リメイク作品。それでは「美女と野獣」紹介していきます!

あらすじ

ある日、傲慢な王子が主催する舞踏会に一人の老婆が現れた。老婆は道に迷ったので一晩泊めて欲しいと王子に頼むが、王子は老婆の醜さを嘲笑い申し出を拒否した。すると老婆は魔女の姿に変わり、王子を醜い野獣の姿を変えた。魔女は王子に対し、「薔薇の花びらが全て落ちるまでに、愛し愛されることを学ばなければ、呪いは永遠に解けない」と告げ城を後にしたのだった。ディズニーが送る「真実の愛」を描いたミュージカルロマンス作品。

感想

ストーリーは、とある事からヴィルヌーブ村の女性ベルは王子の城に囚われる。そこで、野獣の姿の王子と出会い心を通わせていくという感じです。

城には王子同様、呪いをかけられた家来達もいます。

喋る時計やティーカップ等々、家来達も呪いを解くのに必死で、ベルと王子をくっつけようとする感じがとても面白かったです♪

また、ミュージカルも素晴らしくとても観やすい作品となってます!!

評価

アンドゥ
アンドゥ
星4しました

ディズニーアニメの実写化作品としては初めて、ディズニー自らが制作や配給を担った作品を是非ご覧ください!!

最後に

ベルに求婚する村の英雄ガストン演じるルーク・エヴァンスがカッコよく、とてもいいキャラしてます!!

アンドゥ
アンドゥ
ルーク・エヴァンスから求婚されて断るとは・・・
アンドゥ
パチンコ屋社員の傍ら、趣味である映画を紹介するこのブログをしている29歳です。アンドゥの紹介する映画は面白いと言って頂けるよう頑張っていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。